Gotoトラベルキャンペーンに関する各種Q&Aです。随時情報が更新されますので、ご不明な点がございましたらこちらのQ&Aをご覧ください。また、観光庁もしくは、Gotoトラベルキャンペーン事務局が、発表した後に内容の変更を行う場合もありますので、常に最新情報を御確認ください。

GoToキャンペーンQ&A
 
Q1
東京都もしくは、都民はキャンペーン除外と聞いているが、具体的な内容は?
 
A1
東京都の新型肺炎コロナウィルス感染状況を鑑み、現時点では東京都内を目的地とする旅行については、支援の対象外となっております。また、東京都民は支援の対象外となっています。具体的には、下記の通りです。
 
X 東京都内を目的とする旅行(都内に宿泊、都内の店舗で観光や食事等)
X 東京都民の旅行(住民票で判断)
X 東京都以外の県に住んでいるが、東京都内にある学校の修学旅行
 
○→☓ 東京都民ですが、東京都以外の学校に通う生徒の修学旅行
   (ただし、東京都を目的とした旅行は不可)
○→☓ 東京都民ですが、東京都民以外の代表者が参加する団体旅行
   (ただし、東京都を目的とした旅行は不可)
○→☓ 住民票は東京都民ではないが、実質東京都に住んでいる方の旅行
   (ただし、東京都を目的とした旅行は不可)
 
ツアー事例
 
・都民以外が札幌から、羽田空港経由で、東京ディズニーリゾートに遊びに行き、宿泊は舞浜のホテルに宿泊した場合は、ご利用頂けます。
 
・都民以外が札幌から、羽田空港経由で、東京ディズニーリゾートに遊びに行き、宿泊は東京都内のホテルの場合は対象外となります。
 
・都民以外が横浜から、羽田空港経由で、札幌に旅行に行く場合、対象となります。
 
・都民以外が新横浜駅から、 東京駅で新幹線を乗り継いで、仙台に行く場合、対象となります。
 
・都民以外が横浜駅から東京の竹芝桟橋経由で、フェリーに乗り伊豆大島に行く場合は、対象外となります。
(前回のQ&Aで、東京発のフェリーに乗る場合、目的地が東京都以外の場所だとしても、対象外と言うご案内がございました。現時点ではその項目が削除しておりますので、こちらの件に関しましてはただいま調査中です。)
 
・都民が、団体旅行に参加する場合、代表者も都民の場合は、対象外となります。しかしながら、代表者が都民以外の場合、代表者以外の住所チェックをいたしませんので、参加者に都民が含まれていても、対象となります。
(修正7/25:団体旅行に加えて、家族旅行や小グループの旅行についての記述が変更になりました。原則団体旅行の代表者を確認しますが、その他の参加者の住所確認も合わせて行われる可能性があります。その際に東京都民の場合は、助成の対象外となることになりました。また既に割り引かれた場合は、返還請求の対象となりますので、原則団体旅行であったとしても、東京都民の参加につきましては、除外されることとなります。)→7/28除外されました。
 
(修正7/25:学校団体に加えて、法人参加の団体旅行につきましては、法人の所在地を確認いたしますので、仮にすべてのお客様が東京都民だったとしても、会社が東京都以外の場所に存在する場合は、全員助成の対象となります。)
→7/28除外されました。
 
Q2
何歳からキャンペーンの対象になりますか?
 
A2
0歳からキャンペーンの対象となります。
※一般的には0歳の場合、航空機やJRなどの公共交通機関、レストランや宿泊施設などにおける宿泊料金には、影響与えることが少ないかと思われます。その違いにつきましては、大人2名様でご参加の場合、合計80,000円までが割引の対象額となりますが、ここに0歳のお子様がいらっしゃる場合、120,000円までが割引の対象額となると言う違いになります。
 
1泊ツアーで、大人6万円のツアーにご参加の場合、、、
 
・大人2名様=12万円
(内Goto助成金は28,000円となります。)
 →最終的な支払い額は92,000円となります。
 
・大人2名様+0歳幼児1名様=12万円
(内Goto助成金は42,000円となります。)
 →最終的な支払い額は78,000円となります。
 
※大人2名様で80,000円を超え、120,000円以下の旅行代金に影響が出ると言うことになります。
 
Q3
日本在住の外国籍は、キャンペーンの対象になりますか?
 
A3
日本に在住(居住)している外国籍の方でも対象となります。
 
Q4
海外旅行は対象となりますか?
 
A4
日本国内旅行の需要喚起のために設定されておりますので、東京都を除く日本全国が目的地であれば、対象となりますが、海外は一切対象となっておりません。
 
Q5
旅行代金の対象内容について教えてください。
 
A5
旅行代金には、ツアー代金のほか入湯税やサービス料金等全て含みます。ただしプラン内容に金券や換金性の高い商品が含まれている場合は、全額が対象除外となりますので、十分にご注意ください。
 
Q6
地域共通クーポンは、1000円単位と聞いていますが、15%の金額で端数はどのように処理されますか?
 
A6
地域共通クーポンが1000円台のため、端数は四捨五入となります。対象となる金額が、例えば1500円の場合は、2000円の地域共通クーポンが発行されます。逆に1499円の場合は、1000円分の地域共通クーポンが発行されます。
 
Q7
旅行の連泊で制限はありますか? また利用できる回数は制限がありますか?
 
A7
連泊の制限は設けておりません。また利用できる回数にも制限はありません。
 
Q8
割引金額の上限について教えてください。
 
A8
地域共通クーポン発行の日までは、総額の35%が還元額となります。現時点では2020年8月31日までは、35%の還元のみとなります。2020年9月1日より、15%相当分の地域共通クーポンが発行されます。35%の還元は、宿泊を伴う商品で、旅行代金40,000円相当(割引額上限14,000円)となります。日帰り旅行の場合は、旅行代金20,000円相当(割引額上限7000円)となります。2020年9月1日より、15%相当分の地域共通クーポンは、別途付与される事になります。この場合の上限額も、宿泊を伴う商品の場合は、40,000円相当となりますので、旅行代金が40,000円の場合は、6000円分の地域共通クーポンが発行されます。日帰り旅行の場合は、旅行代金が20,000円の場合、3000円分の地域共通クーポンが発行されます。
 
Q9
Gotoトラベルキャンペーン開始前に予約をしていた旅行は、割引の対象となりますか?
 
A9
割引の対象となりますが、お客様ご自身で事後還付手続きをする必要があります。
手続きの際に、必要な書類がいくつかあります。現時点では郵送かオンライン申請のどちらかになります。(※7/25追加:当面は郵送となります。)※8月13日オンライン申請が可能になりました。
 
詳細は、こちらのページで御案内しております。
 
→還付は受付を終了いたしました。
 
 
Q10
宿泊証明書の様式は、定められていますか?
 
A10
サンプルは既に観光庁のホームページで、公開されておりますが、内容が同じであれば、各ホテルが利用している宿泊証明書の利用が可能となります。
 
→還付は受付を終了いたしました。
 
Q11
還付手続きは、日帰り旅行も対象になりますか?
 
A11
対象となりますが、日帰り旅行の場合、往復及び現地にいて、旅行したと言う証明が必ず必要となりますので、内容によっては対象とならない可能性があります。
(※7/25追加:日帰り旅行商品の対象商品が限定されました。詳細につきましては弊社トラベルエキスパートまでお尋ねください。)
 
→還付は受付を終了いたしました。
 
Q12
事後 還付手続きはいつまでに行えばよろしいでしょうか?
 
A12
現在事務局側で調整中となりますので、確定した日程については現時点では判明しておりません。改めてご案内申し上げますので少々お待ちくださいませ。
(※7/25追加:令和2年8月14日〜9月14日(消印有効)迄受付致します。)(※7/28追加:9月14日以降の場合は、事務局に御相談くださいに変更されました。)
 
→還付は受付を終了いたしました。
 
Q13
団体旅行の割引分は、どのように受け取ることが予定されていますか?
 
A13
現時点では団体の代表者に対して、一括して支払う事が予定されています。詳細につきましては、ただいま事務局にて調整中となっておりますので、今しばらくお待ち下さいませ。
 
→団体の代表者に対して一括にて割引料金を請求することになりました。
 
Q14
すべてのホテルや旅行商品で、キャンペーンの対象となりますか?
 
A14
キャンペーンと対象となるには、いくつかの条件が事業者側にも求められています。
 
・各宿泊施設は参加事業者登録が必要となり、登録がなされない場合は、キャンペーンの対象とはなりません。
・各旅行会社は、参加事業者登録が必要となり、宿泊事業者と同じように登録がなされてない場合は、キャンペーンの対象とはなりません。当社は既に参加事業者登録の申請は行っておりますが、認可がまだ降りておりませんので、認可が下り次第こちらのホームページにてご案内させていただきます。
・宿泊施設以外につきましても、参加事業者登録が必要となる場合や、新型肺炎コロナウィルスの対策を行うなど、いくつかの条件をクリアする必要があります。また参加するお客様側に対しても、感染防止の為の御協力が必要となります。
 
Q15
各都道府県が実施する、同様のキャンペーンとの併用は可能でしょうか?
 
A15
GoToトラベルキャンペーンでは、併用を認めておりますが、各都道府県が実施するキャンペーン側で、併用を認めていないケースがありますので、予めご確認の程よろしくお願いいたします。
 
例)どうみん割→併用不可、さぁ!サッポロ夏割!→併用可能 等
 
Q16
各都道府県が実施する、同様のキャンペーンが併用できる場合、GoToトラベルキャンペーンは、どの価格から還元額(35%等)を算出しますか?
 
A16
当初の旅行代金総額から計算となります。例えばサッポロ割で、20,000円(2名)の宿泊代金とした場合、宿泊代金から10,000円割り引かれ、お客様の支払い金額は、10,000円となりますが、GoToトラベルキャンペーンは、10,000円の35%ではなく、20,000円の35%である7000円が還元されます。
(結果的に20,000円のホテルに、3,000円で宿泊できることになります。)
重複できない割引キャンペーンもありますので、Gotoラベルキャンペーンに重複適用の禁止規定はございませんが、その他のキャンペーン規定につきましては、ご確認いただく必要がございますので、あらかじめご確認の上でご活用ください。
(※7/28追加:0円を下回る事は不可となりました。)
 
Q17
3泊4日の旅行を申し込んだ場合、 1泊4日のツアー商品と、2泊目の手配旅行、3泊目の手配旅行の場合、どのようなキャンペーン対象となりますか?
 
A17
それぞれ別の手配となりますので、1泊毎に計算いたします。また上限につきましても、1泊毎に計算となります。
 
Q18
当日の朝に朝食を追加した場合、キャンペーンの対象となりますか?
 
A18
事前にご予約済みの内容以外は、キャンペーンの対象となりませんので、あらかじめお客様のご希望されるアクティビティーや朝食などは、すべてプランの中に組み込んで、商品造成をさせて頂く事にメリットがあります。お気軽にお申し付けください。
 
Q19
ツアー参加中の日帰り旅行は別途キャンペーンの対象となりますか?
 
A19
例えば、札幌から羽田空港経由で千葉のホテルに宿泊し、別途日帰りプランとして、千葉のホテルから1番近い駅発、東京ディズニーランドに入場するプランがあれば、別々の計算となります。また途中のご参加も可能です。ただし、日帰り旅行の場合は、交通手段を使い、往復することが条件となりますので、出発した場所に必ず戻る必要があります。例えば、舞浜駅から出発し、東京ディズニーランドに目的地として向かった場合、帰りの戻る場所が、ディズニーシーステーションと設定することができません。必ず舞浜駅に戻る必要があります。
 
Q20
夜行フェリーや寝台列車は、対象になりますか?
 
A20
定義としては、フルフラットのスペースに、寝具が設定されているものであれば、対象となっております。例えば夜行フェリーの寝台ルームなどは、適用対象となりますが、高速バスなどはフルフラットにはならないので、対象外となっています。また、サンライズののびのびシートにつきましては、枕と毛布が付いているフルフラットな空間となりますので、こちらは対象となります。
 
Q21
夜行フェリーの普通自動車搭載分の運賃は、適用になりますか?
 
A21
こちらは例外的に乗用車は適用になると定められています。トラック等商用車は対象外となっております。
 
Q22
夜行フェリーの夜行の定義について教えてください。
 
A22
現時点では、正しい規定が定められておりませんが、概ね午後9時から午前3時の間に、運行するフェリーを基準とすることになっております。またこの時間帯に出発及び到着するフェリーも含むことを検討しておりますので、正式に確定いたしましたら改めてご案内させていただきます。
 
Q23
若者の団体旅行や高齢者の団体旅行が除外となっておりますが、具体的にはどのような内容でしょうか?
 
A23
除外にはなっておりません。また年齢の規定なども設けられておりません。若者や高齢者以外の場合でも、感染予防対策を徹底していない場合は、支援の対象外となります。若者の団体旅行や重症化しやすい高齢者の団体旅行につきましては、一般的にリスクが高いと考えられておりますが、修学旅行や教育旅行のように指導や引率の先生方がおられるなど一定の規律に基づいて適切に旅行が実施されることが想定されるものについては、基本的に控えるべき旅行には該当しないとなっております。
 
Q24
東京都民以外が、羽田空港発着をするプランに申し込んだ場合は、キャンペーンの対象となりますか?
 
A24
キャンペーンの対象となります。横浜発羽田空港経由地方に飛ぶ場合、そのツアーの発着、が東京羽田空港だったとしても、キャンペーンの対象となりますので、東京都民以外のお客様につきましては、通常通りご旅行いただけます。
 
Q25
キャンペーンを利用した旅先で何か注意しなければいけない点は何でしょうか?
 
A25
すべての旅行者にお願いをしておりますが、感染防止対策をしっかり、健康管理を毎日していただくことが必要となります。守りいただけない場合は、キャンペーンの対象外となるほか、お客様ご自身の健康へのリスクとなりますので、必ずお守りください。
 
Q26
こちらのQ&A以外の質問があります。
 
A26
弊社でご案内しているQ&A以外にも、観光庁のウェブサイトに情報が掲載されております。そちらの情報をご確認いただいても、お分かりにならない内容につきましては、現時点ではGoToキャンペーン事務局でも確定していない情報がほとんどです。専用の連絡先番号もありますが、公表されていない内容については、経験上お電話でもお答えいただけないのが現状ですので、一般的に想定される内容につきましては、弊社でも想定内容につきましてはご案内できますが、確定的な情報につきましては、キャンペーン事務局からの正式な発表をお待ちいただくようになります。
 
Q27
キャンペン内容に合わせて、ツアーを作って(造成)してほしい
 
A27
受注型企画旅行も、キャンペーン対象となっており、お客様のご要望を全て含めたツアーの造成を行っております。フルオーダーメイド型のパッケージ商品となりますので、お客様のご期待に添えるツアー内容になるかと思います。お気軽に弊社のトラベルエキスパートにご相談ください。
 
Q28
助成金の枠について詳しく教えて欲しい
 
A28
日本全国の宿泊施設様並びに各旅行会社等に、一定の助成金の枠を仮枠で現在配布しております。会社の規模等により、金額が異なる可能性もありますが、それほど大きな枠を提供いただいていると言う話を、現時点では聞けておりません。
 
お客様がお知りになりたいのは、ご自身のご宿泊やご旅行に、助成金の適用が間違いなくされるかどうかと言う事だと思われますが、例えば宿泊施設様に直接料金をお支払いになり、ご宿泊をいただいた場合は、現時点ではお客様ご自身で事務局側にご請求を立てていただく事となりますが、この際にホテル側の枠を消費するのかどうかと言うことも含めて、現時点では未定です。仮にホテル側の枠を消費するとした場合は、相当早い時期に助成金が尽きることになりますので、早期に申請をすることがよろしいかと思われます。
 
例えば客室数が600部屋の平均客室単価20,000円とした場合、一泊あたり7000円の助成金が消費されますので、仮に50%稼働率のホテルだとした場合でも、1日あたり210万円となります。仮枠が1千万円だったとした場合でも、5日間もたない計算となりますので、宿泊後に速やかに申請をしないと、助成金が受け取れない可能性が出てきます。
 
旅行会社にてお支払いいただいた場合は、旅行会社の枠を使う事になりますが、
ご予約の時点で枠が残っていない場合は、割引ができない可能性もございます。現時点の仮枠では、ほぼ初日に仮枠を使い切るような旅行会社が多いのではないかと推察されております。→※8月16日 予想以上に枠が供給されました。
 
→現在は潤沢に供給されておりますので、ほぼ無制限にご利用いただけると思います。ただし連泊の規制や、出張禁止などの条件がついています。
 
Q29
キャンペーン事務局に電話がつながらない
 
A29
弊社では原則、毎日連絡を取り、お客様からの質問に対してご回答できるように体制を整えております。しかしながら、事務局側でも質問が答えられないような事例が多発しており、お客様が直接キャンペーン事務局に電話をつないだとしても、満足したご回答が得られないケースが多発しております。また弊社もキャンペン事務局に連絡ができない日もございますが、基本的にキャンペーン事務局と同等レベルの質問回答ができるように体制を整えておりますので、ご質問がございます場合は、弊社までどうぞお気軽にお問い合わせください。
 
なお、現時点では不明確な回答が多い部分といたしましては、助成金の支払い方法やその枠等については、未定とご回答いただいております。原則は日本旅行業協会のウェブサイト、もしくは観光庁のウェブサイトに記載されている内容から、大きく離れたご質問につきましては、ほぼキャンペン事務局の電話でもお答えいただけてない現状です。
 
Q30
ポイント還元等について詳細を教えてください。
 
A30
当初、ポイント還元等は禁止されておりましたが、現時点では事務局が認めており、最大40%のポイント還元を実施しております。これにより、実質割引額が相当大きくなるケースもあります。詳しくは弊社トラベルエキスパートまでお問い合わせください。
 
 
 
 
 
 
TOPに戻る